鹿児島へ戻ってきて・・・「リジュベKMS  3」

40歳を過ぎたあたりから人との出会いというのを大切にするようになりました。尊敬できる方々にたくさん出会うことができました。年齢に関わらず素晴らしい方は素直に認めるようになりました。多分、ブログに出てくる方々は私の尊敬する方々になるんだろうと思います。尊敬できる方、志を同じとしている方はたくさんいます。

トレーニング界(そんな世界があるかは不明ですが・・・)にもたくさんいます。今回はトレーニングジムのことを中心に書いていますので!!!まずは鍛錬の大岡社長。

初めてお会いしたのは3年前です。鹿児島の天文館のジム『TRY』の永田さんの紹介でした。この方との出会いで「筋トレ」の新たな方向性をみつけました。この出会いで「プライベートジム」→「リジュベKMS」となっていくのです。

自分だけの「トレーニング施設と知識」をもっともっとたくさんの方に利用していただこうと思いました。私は筋力トレーニングに禁忌はないと思っております。筋力トレーニングは腰痛、肩こり、膝の痛み・・・だけじゃなく高血圧、糖尿病、高脂血症等にも必要だと常々言い続けています。また精神衛生上も非常にいいので、やらない意味がわからない・・・言い過ぎですね。。。

 

ともかくプライベートジムから「リジュベKMS」というトレーニングジムを設立するにあたってはいろいろと大変でした。まず個人事業主になるということ。医者以外に経験のない私は非常に困惑しました。勤務医なのに「経営者」になる??経営とは?確定申告すら自分でやったことがないのに・・・。

それと身内からの猛反対・・・嫁さんが賛同してくれたのは救いでしたが。

クリニックや病院を開業してからトレーニングジムを作るのならわかるが、トレーニングジムを先に作るなんて・・・「クレイジーだ!」と。

嫌な思いもたくさんしましたが、「やって良かった!」という思いもたくさんありました。

(これはプライベートジムを移転させた場所。最初の移転です。フローリングの清掃をして、

カーペットを敷いて・・・機材をいれました。機材は鍛錬の機材を30台購入し追加!色調を「黄色」にしました。)

リジュベKMS設立のプレオープンの2日間。スタッフの若松さんと仲間の中島君がスタンバイしての説明会を企画していました。お客さんはその2日間は「0人」。一人もきませんでした。椅子を並べてプロジェクターを準備して・・・誰も来ず・・・悲惨なスタートだったのですが、世の中決して捨てたモンじゃありません・・・会員さんも増えてきました。当施設のジムの自慢は別の機会にいたします。またスタッフブログででも施設の内容はお伝えするようにしておりますので今後ご期待ください。

 

リジュベKMSを作った明確な理由。それは嘘偽りなく「社会貢献」です。いろいろなジムでトレーニングしていると仲良くなった会員さんたちからよく健康相談をされました。「高血圧」「糖尿病」「高脂血症」「高尿酸血症」、「頭痛」「肩こり」「腰痛」、、、場合によってもう少し専門的な「癌の治療」とか。そこで質問されたり聞かれたりして自分の勤務していた病院に連れて行き検査治療したこともありましたし、専門医をご紹介させていただいたこともあります。

多分皆さん病院の外来受診はなかなか抵抗がありますが、ジムで世間話のついでに健康相談なら気楽にできるかと。白衣着ていないので話しやすいのだと思います。医者にならせてもらって地域医療をする上で「身近な方々にいい医療を提供するということに大変幸せを感じます」。これが私の使命なのだろうな〜と思っております。

今回、開業をいたしましたのでより一層提供できる医療が増えて入るかと思っております。自分の専門領域以外の分野では他の素晴らしいスペシャリストを紹介できると思っております。

プラベートジムを「リジュベKMS」にしたのはそれが全てです。

本当にそれだけです。

ですから私の身近にいる方、ジムの会員さん、病院の患者さん、何でもご相談ください。何か力になれるはずですので。。。・・・