新たな展開①「Now more(ナウ モア)」と「リジュベKMS」

かわもと相良消化器内科には機能改善施設として「Now more(ナウ モア)」と

機能改善&トレーニング施設として「リジュベKMS」があります。

「Now more(ナウ モア)」は2017年6月1日から鹿児島市総合事業 運動型通所介護サービスとしてスタートします。

施設責任者は東條将太君!彼は弱冠24歳の若者ですが柔道整復師としての

キャリア持っております。

また昨年はボディビル大会にも参加しておりますので、ボディービルダーでもあります〔惜しくも入賞は逃しました〕。

いろいろな経歴もですが私は真っ先に人柄を評価します。

こればかりは持って生まれた資質と家庭環境などが絡んできます。

東條君は先ず「育ちが良い」。これは御両親のお陰以外の何ものでもありません

そして「優しい」。

「優しさ」の無い方は介護、医療、教育には不適でしょう。

私の身近な方々は皆さん「育ちが良く」「優しい」です。

「リジュベKMS」に関しては今更いろいろとコメントすることはありませんが、、、

凄い進化を遂げているジムであると思います。

全てのスタートは「リジュベKMS」でありました。

スタッフの若松さんと四苦八苦??しながらやって来ましたが立ち上げから3年弱でここまできました。

若松さんのお陰なんです。若松さんじゃなきゃ駄目だったでしょう。

私は若松さんを選んだ「運」を持っていたに過ぎないかな。

運なのか「目利き」なのか…「目利きの川本

 

次回はパート2として、、、

社会福祉法人との関わりを書かせていただこうと思います。

医療、介護、福祉これはある部分では一体化されていくのではないでしょうか。

その先駆けが「Now more(ナウ モア)」であり「リジュベKMS」だと思っております。

その為にも東條君、若松さんよろしくお願いいたします。