沖縄学会2日目

1昨日前から学会で沖縄へ来ております。久しぶりの沖縄です。。。が雨です・・・。後輩の結婚式で10年くらい前に沖縄へ来て以来となります。今回の目的は「消化器内視鏡学会九州支部例会」。消化器の地方会に出席するためです。評議員会も2年に1回は参加しないといけませんので今回は学会参加、評議員会参加、講習会参加が目的です。まだ学会の最中ですが、後は昼過ぎから予定されている「専門医セミナー」に参加したら終わりになります。昨日は今給黎総合病院の研修医の「川野ゆき子先生」が研修医のセッションで発表しました。演題名は「EUS-FNAによるアブレーションにて奏功した膵嚢胞の1症例」。座長からの質問にややテンパっていましたがいい発表だったと思います。自分の研修医時代を思い出しました。それと今年4月から専修医として福岡大学筑紫病院へ勉強に行っている「松岡大介先生」。筑紫病院から演題を出しておりました。「魚骨により食道穿孔と縦隔炎を発症し、内視鏡的に摘出し治療しえた1例」。松岡先生も堂々と発表できるようになっており、自分の言葉で質問に答えておりました。さすが筑紫病院で鍛えられているだけあるな~と感心しました。せっかくの沖縄学会ですので何回かに小分けしてブログにアップしたいと思います