鍛錬総本山にて講習会

帰りの新幹線より。

最終の新幹線でブログを書いております。

4月14日~15日と滋賀県の鍛錬総本山へ行ってきました。今回の目的は「医療の機能改善とリアル筋力」の講演をしてほしいとのご依頼でした。株式会社鍛錬の大岡社長には非常にお世話になっております。当施設(リジュベKMS、Nowmore、リハビリ室)のトレーニング機器はほぼ全て鍛錬の大岡社長の製作設計されたものであります。

何故に鍛錬の機材なのか??単純に明快に「一番いいから」。私は相当なトレーニング機器メーカーの機材を持っておりますし持っておりました。様々なトレーニング機器を体感して最終的に鍛錬のトレーニング機器に到達しました。

 

 

私のクリニックでは外来・病棟、リハビリ、デイケア、グループホーム以外でトレーニング施設としての「リジュベKMS」、介護保険を用いた介護予防事業、日常生活支援総合事業の運動型デイサービスNowmore(ナウモア)があります。今回はNowmoreの責任者である東條君(柔道整復師)を連れて滋賀県新旭まで行ってまいりました。

なかなか時間がなく忙しい日々を送っているので東條君とゆっくりと話をできたのも久しぶりな感じです。新幹線でビールを飲み語り合いながらの小旅行となりました。

講演会でも「何故医療に機能改善を取り入れたのですか?」と聞かれました。それには少し長い理由と経緯があります。

前にもブログに書いているのですが私がトレーニングジムを作ったのは病院を開業する3年ほど前です。

ジム設立当時は当然病院開業なんて考えてもいませんでした。

元々は学生柔道から筋力トレーニングへ続き、医者になっても継続していた。福岡で勤務医時代に「いつかはプライベートジムを作りたい」、「自分の時間でトレーニングしたい」と思っておりました。

福岡で十数年勤務医をしたのち鹿児島で就職し「プライベートジム」を作りました。そのプライベートジムが大岡社長との出会いで機能改善を取り入れた「リジュベKMS」となりました。その「リジュベKMS」が私のクリニック開業とリンクして「Nowmore(ナウモア)」にも通じていきます。

東條君が責任者のNowmoreは本当に素晴らしい。何が素晴らしいのか?要支援の方々から「卒業生」が出ています「ん?卒業生?」と思われるかもしれません。それは「nowmore & リジュベKMS」のブログをご参照いただけるといいと思いますが、「機能改善トレーニングにより日常生活動作に障害がない程度まで身体機能が改善され、要支援を外れた」ということです。これは凄いことだと思います。

日本の医療費はこのまま高騰を続けます。介護度が下がると医療経済的にも非常にメリットがあります。しかもNowmoreの利用者さんは既にお二人が要支援から外れました。お一人は要支援卒業後、当クリニックに就職いたしました。これも非常にすごいことだと思います。それもこれも鍛錬製のマシンを使い機能改善をしていること、東條君の懸命な努力の賜物だと思います。

現在世界中にあるトレーニング機器の中でこれだけの効果を出せる機材は「鍛錬製」しかないと思います。それは動作に伴った筋力をつけることができるコンディショニングラインがありるからです。ここが他のマシンと大きく違う点だと思います。他の介護予防機器は私にはとアスリートやボディービルダーの使用する機器の単なる「軽いバージョン」であると思えます。

一般のリハビリ機材を含めた介護予防を謳っている機材は「機能改善」に必要な筋力という観点から考えられたものではありません。どれもこれもしっかり考察されて作られたものではないと思います。ただ一般の方々が使用する機材の軽いバージョンだと思います。

そこが鍛錬製のトレーニングマシンと全く違います。

 

今回の目的は、「医療の機能改善とリアル筋力」の話をしてほしいとのご依頼でした。

30人位のトレーニングジムの経営者が参加する集まりでの話でありなかなか緊張しました。

全国の鍛錬関連施設のジムオーナーさんの真剣なお気持ちがひしひしと伝わってきました。いろいろと質疑応答もありました。皆様に納得いただける講演であったかどうか不安ですが、ある程度の事はお伝え出来たのではないかと思います。

一生懸命に頑張っておられるコンディショニングジムの経営者の皆様にしっかりと自信をもって頂きたいと思っております。

そのために何かお力になれたらと思います。

 

滋賀に行くたびに大岡社長にはいろいろとご馳走になります。

土曜日はBBQとサラダと蟹。翌日朝からガッツリのパンケーキ。昼はハンバーガー。

いつもありがとうございます。

 

久しぶりに本物の(リアルな)ビルダーである鬼木さんには刺激をいっぱい頂きました。

鬼木さんのトレーニングに対する熱意、真摯さに非常に感銘を受けました。あり得ない上腕・・・多分鹿児島には存在しないであろう凄まじいバルクの持ち主でした。

また滋賀での講演ということで「滋賀出身の世界最強の競輪選手」である黒川君も顔を出してくれました。相変わらずのデカさに圧倒されました。また同じ競輪選手の三田村君とも久しぶりにお会いできました。

是非、鹿児島に遊びに来てください。大歓迎いたします。講演の合間に大岡社長に「上腕三頭筋を切りまくる!」素敵なトレーニング指導を受けさせていただきました。

 

 

帰りは東條君と小倉に寄り道をして夕食を摂り最終で鹿児島へ戻ります。

また明日から新鮮な気持ちで仕事とトレーニングに向き合ってきます。