研修会参加報告

7月12日・13日 

デイケアの主任と副主任、リハビリ主任の3名が

「第40回 全国デイ・ケア研究大会 2019in宮崎にて

「地域のひなたつくり希望を紡ぐ通所サービスをめざして

の研修を受けました。

 

一名ずつ異なった演題の会場に顔を出し、

多くの情報を収集してきました。

超高齢化社会を迎え、

地域ニーズに合わせた

デイケアのあり方について、

深く考えるよい機会となりました。

今回の研修で学んだことを活かし、

デイケアゆうゆうでも、

ご利用者様・家族・ケアマネとの交流の中で

どういうケアが必要なのか、

ご本人の希望家族の希望に添える対応を

していきたいと思います。

 

研修に参加した感想

 

~デイケア 主任 西牟田~

宮崎にて、デイケア研究大会に

参加させて頂きました。

今から直面する2025年問題、超高齢化など、

これからの介護に関わる者として

地域に密着し、デイケアゆうゆうは、

どの様に変化させていくべきなのか、

考えさせられる研修でした。

現在、デイケアゆうゆうでは、リハビリ、

脳トレ等、意欲的に参加される利用者様に

あふれております。

いつまでも、活気ある、そして

笑いの絶えないデイケアである様、

この研修を活かしていきたいと思います。

 

 

~デイケア 副主任 松元~

全国のデイケアの様々な取組みを

知ることができました。

自事業所にフィットする良い取組みは、

今後精査して

取り入れていきたいと思います。

 

 

~リハビリ 主任 理学療法士 今別府~

デイケア学会に初めて参加させて頂きました。

全国のデイケアの傾向や、各事業所の取組みなど

勉強になる所がたくさんあり、とても充実した

2日間を過ごすことができました。

リハビリ部門として取り入れられそうな部分を

今後の取り組みの中に入れ、デイケアゆうゆうの

リハビリをより充実させていきたいと思います。